【連載動画】新宿ゴールデン街 片ハゲママの今宵も泪酒#1 (2/3) ゲストは小江戸鏡山酒造様

 わん酒の人気連載「新宿ゴールデン街 片ハゲママの今宵も泪酒」#1 (2/3) です。
 埼玉県「小江戸鏡山酒造」の五十嵐様をゲストに迎え、2回目は、日本酒と食文化や、蔵人のこだわりについて、片ハゲママと熱く語ります。
 【連載】新宿ゴールデン街 片ハゲママの今宵も泪酒#1 (1/3) の記事はこちら


撮影:細野透子(わん酒・プロデューサー)、北村彩(わん酒・Webディレクター)

 

酒蔵紹介

小江戸鏡山酒造株式会社
 小江戸鏡山酒造株式会社
 埼玉県川越市仲町10-13
 049-224-7780(現在酒蔵見学は行っておりません)

 1875年に創業した鏡山酒造株式会社は多くの人々に愛飲されてきました。しかし惜しまれつつ2000年9月をもって長い歴史の幕を閉じました。川越は別名「蔵の街」と言われていますが「蔵の街」に「酒蔵」という重要な施設が無くなりました。
 6年後の2007年2月に再興を望む市民の熱い声を背景とし新たに川越市仲町に小江戸鏡山酒造株式会社を設立しました。川越地酒として更に磨きをかけた銘酒鏡山の復刻・生産に日々全力で取り組んでいます。

 【ゲストで出演してくださった方の情報】
  お名前:五十嵐昭洋様(ニックネーム いがっち)
  肩書き・役職等:専務取締役

 【お持ちいただいた日本酒】
 ・「さけ武蔵大吟醸」(茶瓶) 
  1.8L詰め5,400円(税込)、720ml詰め2,700円(税込)
 ・「山田錦大吟醸」(緑瓶)
  1.8L詰め6,480円(税込)、720ml詰め3,240円(税込)

関連キーワード
  • 【連載:酒と燻製に呑まれた男の記録】第一回
  • お花見シーズン到来。和菓子と日本酒のマリアージュ
  • 【連載動画】新宿ゴールデン街 片ハゲママの今宵も泪酒#1 (1/3) ゲストは小江戸鏡山酒造様
  • 【連載動画】新宿ゴールデン街 片ハゲママの今宵も泪酒#1 (2/3) ゲストは小江戸鏡山酒造様
  • 日本酒に彩りを添える「グラス・おちょこ・酒器選び」の方法とは?
  • 【悲報】渋谷の日本酒がうまい居酒屋で、美女を口説いてみたら……

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事