日本酒に彩りを添える「グラス・おちょこ・酒器選び」の方法とは?

 すし屋やフランス料理店で日本酒を注文すると、ワイングラスに冷たい日本酒を注いで提供されることが珍しくはなくなってきました。また、和食店では、籠(かご)の入れ物に並べられた、色も形もデザインも豊富な酒器の中から、自分好みのものを手に取って選ばせてもらえることもありました。店主こだわりの酒器があると、家では味わえないぜいたくを感じることができるでしょう。

日本酒と酒器の関係を知る

 酒器は、好みや見た目のインスピレーションで選ばれている方がほとんどなのではないでしょうか? もちろんそれだけでも十分趣がありますが、もうひとつ別の視点から選んでみませんか?

 それは、「日本酒と酒器の関係を知る」ことです。知れば知るほど、日本酒の個性をより一層吟味できるという新たな付加価値が生まれます。

いろいろな酒器

酒器の素材と日本酒の相性

 ではまず、酒器の素材と日本酒の特性についてお話ししましょう。酒器の素材は、おもに①ガラス製、②木製、③陶磁器などがあります。

① ガラス製

 ワイングラス、ショットグラス、極薄の冷酒グラスなど。冷蔵庫から取り出したばかりの冷たい日本酒から常温くらいまでの温度帯が向いているでしょう。(耐熱ガラスですと、保温性に優れているのでお燗酒でもOK)

 極薄ガラスは、精米歩合(※1)が低く、きめ細かい上質な日本酒をより上品に味わえます。分厚いガラスには、濃醇で骨格がしっかりしたフルボディタイプ(※2)の酒質が寄り添うでしょう。

※1 精米歩合=酒米を玄米の状態から磨いていき、残った部分の割合をパーセンテージで表したもの。精米歩合が低いものには「大吟醸」「吟醸」がある。
※2 フルボディタイプ=米の旨味にあふれる、しっかりとした味わいの日本酒。

アワビ煮付けと桜の螺鈿があしらわれた酒器

② 木製

 日本酒の香りにヒノキや杉などが持つ自然のアロマがとけこんで、酒質に馴染んでいきます。日本酒を味わいながらも、ゆったりとリラックス効果も感じられるでしょう。冷たい日本酒でもお燗酒でも、幅広くお勧めです。

牛蒡天ぷらと焦がしピーナツと杉の酒器

③ 陶磁器

 保温性に優れています。冷たい日本酒は冷たいままに、あたたかい日本酒は熱を逃がさず、あたたかいままに楽しめます。飲んだ時の口当たりもツルンとしてなめらかなので、唇から上品なテクスチャーを感じることができるでしょう。

 このように素材ひとつ取ってみても、温度帯や香りなど、日本酒の味わい方が豊かに広がるのではないでしょうか?

おつまみと陶磁器の酒器にて

グラスの口径と日本酒の味わい方

 次に、グラスの口径による日本酒の味わいを比較してみましょう。ポイントは、口径のすぼまり具合です。口径のフォルムが、酒質の個性を際立たせるのです。

 それでは、グラスの口径と日本酒の関係を一緒に体験してみましょう。

 Ⓐ口径のすぼまりが緩やかなグラスと、Ⓑ口径のすぼまりが強いグラスを2脚、ご用意ください。

グラスAB

<その1>
 ⒶⒷそれぞれのグラスに、旨口タイプ(※3)を、注ぎましょう。量は、ともに50~60ミリリットルくらいを目安にしてください。

<その2>
 顔の角度を意識しながら、ⒶⒷを順番にゆっくりと口にはこんでください。

 さて、旨口タイプのふくよかさを一層感じられたのは、ⒶⒷのどちらでしょうか?

 正解は……。 後程、お伝えします。先に、解説していきますね。日本酒を飲んだときに、顔の角度の違いに気が付かれましたか?

 Ⓐは「顔をあまり上げない」 Ⓑは「顔を上に向ける」 となったのではないでしょうか?

 つまり、口径のすぼまり具合によって、顔を上げる角度が違ってきます。そうすると、日本酒の舌に流れる速度や面積も変わってきますね。

 舌への日本酒の流れ込み方の違いにより、以下のような味わいの感じ方になります。

 Ⓐ口径のすぼまりが緩やか→舌の面積の中心に日本酒が乗って、四方にゆっくりと広がる。→ボディー感や旨味を感じられるので、おもに旨口タイプが向いています。

 Ⓑ口径のすぼまりが強い→舌先から直線的に奥へ素早く日本酒が流れる。少なめに入るので、舌の両側に落ちにくい。→スッキリ、軽やかに感じられるので、おもに軽快タイプが向いています。

 それでは、先ほどの質問(旨口タイプのふくよかさを一層感じられたのは、ⒶⒷのどちらでしょうか?)の正解を発表しましょう。

 ……正解はⒶです。

フレンチと日本酒ペアリングイベント前

 日本酒を注ぐことにより花開く酒器の特性を知ったうえで、日本酒の可能性を愉しんでみましょう。そうすると、日本酒を吟味するのと同じくらいの熱量で、酒器にもこだわりたくなると思います。

 あなたの琴線に触れる酒器との一期一会に恵まれ、日本酒のあるライフスタイルに彩りを添えられますように。

※3 旨口タイプ:香りは原材料の米に由来。乳製品のような香りも。味わいは米の旨味にあふれ、ふくよか。 おもに純米酒、生酛、山廃もとの酒など。

酒質タイプについて:前回の記事をご覧ください。
「今、一般的に人気のある日本酒の酒質や、すぐに完売する銘柄は何?」

出典元:一般社団法人ジャパン・サケ・アソシエーション(JSA)認定講座テキスト

補足:グラスの口径による日本酒の味わいへのアプローチは、JSAサケ・エキスパート試験対策講座で学べる内容です。講座ではもっと詳しく説明をしています。

関連キーワード
  • 【連載:酒と燻製に呑まれた男の記録】第一回
  • お花見シーズン到来。和菓子と日本酒のマリアージュ
  • 【連載動画】新宿ゴールデン街 片ハゲママの今宵も泪酒#1-1 ~小江戸鏡山酒造さま(全3話)~
  • 【連載動画】新宿ゴールデン街 片ハゲママの今宵も泪酒#1-2 ~小江戸鏡山酒造さま(全3話)~
  • 日本酒に彩りを添える「グラス・おちょこ・酒器選び」の方法とは?
  • 【悲報】渋谷の日本酒がうまい居酒屋で、美女を口説いてみたら……

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
7月中旬~7月下旬イベント
日本酒イベント
2019年7月8日(月)~7月31日(水)の間に全国で開催される日本酒イベントの最新情報をお届けします。 【大阪府】「最先端の日本酒ペアリン...
2019年3月下旬の日本酒イベント
日本酒イベント
2019年3月22日(金)~3月29日(金)の間に全国で開催される日本酒イベントの最新情報をお届けします。 【東京都】SAKURA CHIL...