夏到来! 冷酒? あえて熱燗? 日本酒をよりおいしく飲むための最適温度

 日本酒を楽しむときに、温度帯を意識したことはありますか?

 冷たい低アルコールの夏酒やスパークリング清酒をクイッと飲んで涼をとる真夏や、雪景色の露天風呂でお燗酒に癒される真冬など……。日本酒の酒質に適した温度帯が、季節ごとのすてきな暮らしに結び付くひとつの要素にもなっているのではないでしょうか?

 日本酒は、うまみ成分である「アミノ酸」がとても豊富です。チーズや昆布などに多く含まれている「グルタミン酸」、鰹節や大豆などに多く含まれている「セリン」などがたっぷり。そんなうまみ成分が豊富な日本酒は、温度帯が高くなったり、低くなったりすることで、味わいや香りの個性が花開いていきます。

 これまでの連載では、JSA(一般社団法人ジャパン・サケ・アソシエーション)の推奨する日本酒を4タイプに分類して説明してきました。「フルーティー」、「軽快」、「旨口」、「熟成」という分類や意味は覚えていらっしゃいますか?

<参考:酒質4タイプについてはこちら → https://one-sake.com/know/ninkinonihonshu/

 では、日本酒の4タイプ、それぞれがおいしくなる温度帯を説明いたしましょう。

「フルーティー(おもに大吟醸、吟醸系)」、「軽快(おもに本醸造、火入れタイプ)」

 これらは、冷やして飲むと一層おいしくなる傾向があります。冷やすことによって、味わいの輪郭がくっきりして、爽快感が際立ちます。これらのタイプを常温で飲んでも良いですが、冷やすことで軽快さが強調され、とにかくスッキリ。しかも洗練された印象になります。

 また、生酒も、よりみずみずしさや透明感が増すので、まずは冷やして楽しむのがおすすめです。

 初めて購入した銘柄で、あなたの想像していた酒質とは少し違っていたというときには、温度帯を変えて、個性を探し出していくのも楽しいのではないでしょうか?

 例えば、日本酒の味わいが濃すぎたり、甘すぎたりすると感じたとき、冷やすことで重さや甘さが緩和される効果もあります。ぜひ、味わいのニュアンスを調整してみてください。

 このように、ただ「冷やす」というひと手間を加えるだけで、味わいの個性を引いたり足したりできると、一層、日本酒愛が深まるはずです。

温度帯の表記例
温度帯の表記例(純米大吟醸箱ラベル)

「旨口(おもに純米酒、生酛、山廃酛)」、「熟成(熟成期間のある日本酒)」

 これらは、あたためて飲むと一層おいしくなる傾向があります。あたためることによって、まず香りがゆっくりとふくらみます。そして、甘みも徐々に増していきます。そして、うまみも深く感じられるようになります。

 味の角が取れてまろやかになり、口にするだけで身体もあたたまります。なんとも心地よく、リラックスすることもできますね。手軽にほっこり気分を味わいたいときにも、お燗酒は最強とも言えるでしょう。

 ただ、嗜好品である日本酒は、適した温度帯を4タイプだけで杓子定規に区分できるわけではありません。例外もあります。基本を知ったうえで、温度帯による酒質の変化を楽しむと意外な発見があり、味覚の好奇心をそそられるのではないでしょうか?

温度帯の表記例
温度帯の表記例(純米酒裏ラベル)

温度帯の違いで、二度楽しむ

 以前自宅で、奈良県の千代酒造「篠峯(しのみね)・無濾過生原酒の純米酒」のボトル半量を冷蔵庫でしっかり冷やし、口径のすぼまりが強いグラスで、生酒のみずみずしさや爽快感を思う存分楽しみました。

 ボトルの残り半量は、思い切ってぬるめのお燗酒に。酒器は、焼き物のぐい吞みで味わいました。生酒はお燗にはあまり向かないと思い込んでいたのですが、銘柄によっては大丈夫だということが発見できました。あたためても、生酒の中で生きている酵母のパワーで、舌の上で泡のシュワシュワと弾けるようなフレッシュさを感じられたのです。それだけではなく、あたたまった酸の懐の深いうまみと爽快感が相まって新感覚の酒質に。身体がお燗酒に幸せに染め上げられるような感覚とでも言いましょうか。温度帯のおかげで、一本の日本酒なのに、全く違う銘柄を飲み比べしたようでもありました。

<参考:酒器と日本酒についてはこちら → https://one-sake.com/enjoy/shukierabi/

篠峯
「篠峯(しのみね)・無濾過生原酒の純米酒」

酒蔵や酒販店が提案するおすすめの温度帯

 日本酒のおすすめの温度帯を提案する蔵もあります。宮城県の平孝酒造は、「日高見 超辛口純米酒」を冷やして味わうときのおすすめ温度を、12度前後と提案しています。この日本酒の場合、キンキンに冷やし過ぎると本来味わってほしい酒質の豊かな個性を少ししか感じられない傾向にありますが、12度前後だとうまみが良いあんばいにやさしくひらくのだとか。酒質を研究し尽くした蔵だからこそ、細やかな数値の提案まで可能なのですね。

 今回おすすめした4タイプによる温度帯を基礎知識としたうえで、酒屋さんやデパートなどで日本酒を購入するときには、ぜひおすすめの温度帯も聞いておくと良いでしょう。

 また、日本酒の裏ラベルにおすすめの温度帯が記載されている場合もありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

篠峯

関連キーワード
日本酒を知るの関連記事
  • 消費者目線で飲み比べ! 「獺祭ストア」で出会った本当の「獺祭」の魅力
  • 新潟の日本酒の魅力! 沁み入る美味しさはどこからやってきたのか
  • 今、一般的に人気のある日本酒の酒質や、すぐに完売する銘柄は何?
  • 【連載マンガ】にほん酒学園! 〜日本酒とは〜 第1話
  • 【連載マンガ】にほん酒学園! 〜日本酒とは〜 第2話
  • 世界7か国(G7)の首脳が味わった日本酒、三重県の「瀧自慢」

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事