海外の日本酒ファンには貴重な機会! ヘルシンキで「試飲会」に参戦

 フィンランドの首都・ヘルシンキには、数多くの日本料理店があります。そのうちの1軒である「禅 SUSHI」という家庭的な雰囲気のお店は、私のお気に入り。オーナーのスガノユミさんは酒ソムリエでもあるので、お店では日本酒の試飲会(テイスティング)が時々開催されます。その試飲会に、私は夫とふたりで参加しました。他には6名の参加者がいてあわせて8名。こぢんまりとしたお店の広さに対してちょうどよい人数でした。

ヘルシンキの中心地にあるアットホームな寿司店
ヘルシンキの中心地にある、アットホームな寿司店

 さあ、試飲会のはじまりです。まず1杯目は、神戸から届いた 「福寿 / あわ咲き スパークリング純米酒」。おつまみは、きゅうりとキャベツの漬物や、枝豆といった日本的なものでした。さらに、フィンランド名物の「焼きパーチ※1魚卵」も振る舞われ、胸が高鳴る会の幕開けです。

※1パーチ:フィンランドの国魚ヨーロピアンパーチのこと。食用として人気の高い白身魚。塩水でも淡水でも生きられる。

福寿
福寿 「あわ咲き スパークリング純米酒」
https://enjoyfukuju.com/japanese/oursake/

 続いてのお酒もスパークリング純米酒の「大関 / 花泡香 スパークリング清酒」。それにペアリングされた料理はお刺身でした。ちなみに、今回提供されたお酒のうち、このお酒が唯一、フィンランドの国営企業である「アルコ」※2という酒類専売店で、一般人でも購入可能です。

※2 アルコ:フィンランドでは、アルコール度数5.5%以上の酒は、酒類専売の国営企業である「Alko」のみが小売りできる。2019年2月末時点で、「Alko」のECにて取り扱われている日本酒メーカーは7社。主要取り扱いメーカーは、白鶴や大関など。 https://www.alko.fi/en/products?SearchTerm=japan

大関
大関 「花泡香 スパークリング清酒」
https://www.ozeki.co.jp/product/nihonshu/hanaawaka.html

ペアリングされたお刺身
ペアリングされたお刺身

 3杯目のお酒は、「白鶴 / 特選 純米吟醸酒 」という、花のような香りのする、味のバランスがよいお酒でした。

白鶴
白鶴「特選 純米吟醸酒」
http://www.hakutsuru.co.jp/product/nihonshu/index_ginjo.shtml

 4杯目の「池亀 / Turtle Red純米大吟醸」は福岡のお酒で、その晩いただいたもののなかで、私の一番お気に入り! 黒麹を使って造られており、微かな果実味が感じられ、甘さも抑えられているお酒です。

池亀
池亀「TurtleRed純米 大吟醸酒」
https://ikekame.com/

 5杯目のお酒は、「天吹 / いちご酵母 純米吟醸酒」という、「いちご酵母」を使ったお酒でした。その新鮮な味わいは、いちご畑で過ごす美しい夏の日を連想させ、きっと公園でのピクニックに最適! そして、いっしょに提供されたおにぎりが、このお酒を合わせることでいっそうおいしく感じられたのです。

天吹
天吹 「いちご酵母 純米吟醸酒」
https://www.amabuki.co.jp/sake/000162.php

お酒はおにぎりとよく合いました
お酒はおにぎりとよく合いました

 試飲のラインナップには、「甘酒」も登場しました。トロッとしたお米の食感や柔らかい舌触りは、フィンランドでクリスマス時期に食べる伝統的な料理である「ミルク粥」を思い出します。ユミさんは現在、自家製のお酒造りを試みていて、この甘酒はその過程で生まれたのだと話してくれました。そして、甘酒が肌にいいと聞いた私は、もう1杯おかわり! おいしくて美容にも効果があるだなんて、夢のような飲み物です。

甘酒
甘酒

 最後に味わったお酒は、奈良の「花巴 / ナチュール×ナチュール」。このお酒は、人工的に酵母を添加せず、蔵に棲みついている自然の酵母を使って造ったそう。また、仕込み水のかわりに、昔ながらの醸造法である「水酛※3」で造った純米酒で仕込んだ、貴重なお酒です。

 濃醇な甘さと酸のバランスが素晴らしく、いっしょにいただいた桜味のアイスクリームとともにその夜を締めくくるのに最適でした。

※3水酛(みずもと):別名「菩提酛」とも呼ばれる。室町時代に奈良で生まれた醸造法で、現在はほとんど行われていない。生米と蒸米を水に浸けて、乳酸菌を繁殖させた水を作り、仕込み水とする。一緒に浸けていた生米を蒸し、麹とともに仕込む。生酛仕込みの元となったといわれる。

花巴
花巴 「ナチュール×ナチュール」
http://www.hanatomoe.com/index.html

 ユミさんは 、とてもすばらしいオ・モ・テ・ナ・シをしてくれました。お酒についてだけでなく、お酒の文化についても専門的に、かつおもしろく話してくださいました。ユミさんのトークとおいしいお酒に魅せられて、あっという間にすぎた楽しい夜。

ユミさん
ユミさん

 このような試飲会は、私たちのような海外に住む日本酒ファンには貴重な機会です。フィンランドに限らず、日本以外の国では、飲める日本酒の種類が非常に限られてしまいます。さまざまな知識を得られ、自分好みのお酒に出会える試飲会は絶好のチャンス。今回はさらに、おいしい和食と、日本酒ファンの“同志”に出会えて最高のひとときとなりました。

店舗情報

<店舗情報>
「禅寿司」: Snellmaninkatu 16, 00170 HELSINKI
       info@zensushi.fi
 

関連キーワード
海外と日本酒 の関連記事
  • 「Kippis to sake! (日本酒に乾杯!)」フィンランド料理は日本酒にぴったり!
  • 強烈なシガーとまろやかな日本酒は、果たして合うのか?From Brazil
  • 【特別連載】食の都・パリで酒蔵を創る! 日本酒ベンチャーWAKAZEの挑戦をリアルタイムに!
  • 中国のベニス!? 蘇州の人々と日本酒
  • イースター(復活祭)のお菓子と日本酒を合わせてみたら!? From フィンランド
  • 【特別連載】蔵の構想が完成! 歴史上初めてパリに創る酒蔵、いよいよ着工 (第2回)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
中国のベニス!? 蘇州の人々と日本酒
海外と日本酒
 多少の心配ごとは、美しい景色と良い時間が癒してくれる。仕事を終えた人々が、日ごろの悩みを忘れて料理やお酒を楽しんでいる光景は、日本の居酒屋...
6月中旬~7月上旬イベント
日本酒イベント
2019年6月15日(土)~7月7日(日)の間に全国で開催される日本酒イベントの最新情報をお届けします。 【東京都】日本酒フェア2019(再...